文字サイズ

  • 特大
病院代表
病院代表 0263-28-3003
外来予約専用
病院代表 0263-28-3020

院長挨拶

私たちは、公益性の高い医療も担い、安心して治療や介護、健康チェックと指導が受けられる医療環境の提供に努力してまいります。

 

お産から若者のスポーツ患者、高齢者の健康増進、在宅診療、緩和ケアまで、地域の皆様がいつでも自分らしく過ごしていただけるよう多職種連携で支援いたします。

丸の内病院は松本駅の西、国道19号沿いにあり、松本インターの東に位置しています。当院の西は奈良井川越しに北アルプスの山並みを、東に美ヶ原高原が一望できます。当院は2007年に渚地区に移転し14年となり、199床(一般病棟130床、地域包括ケア病棟58床、緩和ケア病棟11床)の病院、サービス付き高齢者向け住宅リバーサイドまるのうち、地域密着型特定施設入居者生活介護 ラクシア、小規模多機能型居宅介護 四季の風など介護施設があります。

当院は整形外科、産婦人科、リウマチ科、内科、外科、泌尿器科、脳神経外科、緩和ケア内科、在宅診療部などがあります。整形外科は人工関節置換術、前十字靱帯再建術、脊椎内視鏡、脊椎固定術、肩腱板断裂、手の手術で長野県有数の手術数を行っています。産婦人科は外来が新しくなり分娩件数も多く、リウマチ患者数も県内有数の数です。循環器は今後増加が予想される心不全のケア、消化器内視鏡、腹腔鏡治療に力を入れていきます。お産から若者のスポーツ患者、高齢者の健康増進(施設メデイカルフィットネス)、在宅診療、最期まで自分らしく過ごしてもらうよう緩和ケアまで多職種で連携して行っていきたいと考えています。

今後、後期高齢者は増加します。当院は地域単位で医療と介護を切れ目なく提供できるよう地域の医療機関とも連携し、医師、看護師、職員が協力し地域包括ケアシステムの一翼を担っていきたいと考えています。

院長 百瀬 敏充

TOPへ