文字サイズ

  • 特大
病院代表
病院代表 0263-28-3003
外来予約専用
病院代表 0263-28-3020

HPV(ヒトパピローマ・ウイルス)検査

目的

子宮頚がんのリスクとされる、HPV(ヒトパピローマ・ウイルス)の感染の有無がわかる検査です。

方法は・・・

子宮頚がんの検査と同時に、膣部から専用のブラシを挿入し、細胞をこすり取って行います。

どんなことがわかるの

子宮頚がんと関連があるとされている、16型・18型・その他12種類のHPVウイルスの感染があるかどうかを調べます。
感染していても、多くの場合は症状のないうちにHPVが排除されると考えられていますが、排除されずに感染が続くと、一部に子宮頚がんの前病変や、子宮頚がんが発生すると考えられています。

どんな人におすすめ

性交渉経験のある方

その他の検査内容

TOPへ